首都圏の働きやすさ

首都圏には大きな企業が多いので、お給料が良くて福利厚生も充実している、看護師さんが働きやすい病院がたくさんあります。病院の働きやすさというのはいろんな点が関わってくるものですが、例えば職場の人間関係やシフト体制、お休みの日数…看護師にとっては配置基準なども重要になってくるでしょう。配置基準次第で、看護師一人あたりが対応する患者さんの数が違ってきますからね。


例えば配置基準が20:1など厳しい数値の病院では、看護師の方お一人で20人もの患者さんに対応していかなければなりません。そうなると、患者さん一人一人と向き合うことができない…とご自分の納得のいく看護ができないことに不満が募り、やりがいも感じられなくなってしまう看護師さんが多いようです。やはりそういった面も考慮して、働きやすい職場というものを選んでいかなければなりませんね。

川崎市 看護師が働きやすい病院

また、看護師さんの場合、女性の割合が圧倒的に多く、ある時期になれば結婚して出産をされる方も多くなってきます。そういった方には託児所が近くにあったりすると便利で良いですね。神奈川県には大規模な病院が多く、院内託児所を設けているところも多くあるようです。

2015.09.26| Comments (0) | Trackbacks (0)

長時間勤務ムリは当然!

職種によっては夜勤や長時間勤務を当然のように強いられるものもありますね。看護師がその最たる例でしょう。病院勤務の看護師さんは、入院中の患者 さんがいらっしゃる限り、夜勤の負担にさらされます。夜勤専従の方のみでまわすことは業務的にムリがあるでしょうから、どうしても常勤勤務者が必要不可欠 なのだと思います。

その夜勤というのは、3交代制のところはまだしも、2交代制のところでは、夜勤の1度の勤務時間が17時間越えのところ も少なくありません。そんなところでは1回の夜勤の負担は想像を絶するものでしょう。もちろん、その長時間の勤務に夜勤手当が含まれるわけですから、お給 与はとても良くなっていますが、それでも負担には限度というものがあるべきですね。

普通の人にそれほどの負担のかかる看護職勤務は慣れても ムリがあるものだと思います。それでなくとも夜は人間眠っているべき時間ですから、夜勤の時点で健康的な人間の過ごし方ではないわけですからね。そうした 長時間勤務や夜勤自体が困難となるために離職せざるをえなかった方も多いとされます。

看護師 職場 人気

2015.07.17| Comments (0) | Trackbacks (0)

転職サイトは職場を探すツールの1つ

 今、看護師さんの転職を支援するサイトはとてもたくさん出てきました。看護師さんが職場を探す際に利用できるこうした転職支援サイトというのはよく勘違いされがちですが、登録したからって必ずしもそこから転職しなければならないというわけではありません。そしてそもそもの転職義務があるわけでもありません。転職したい!という意思さえあれば登録できるものであり、その後探していくにあたって良い所が見つからなかったから転職は一旦止めてもうしばらく今の職場に居続けようと思うのももちろんアリなのですね。そして転職サイトに登録したからといって必ずしもその転職サイトから転職しなければならないというわけでもなく、他の転職サイトから転職しても良いですし、他の媒体…求人雑誌などでみつけたから、転職サイトからは応募せずにそちらから直接応募しよう!ということでも全然OKなのですね。ただし、転職サイトによっては自サイトから転職・応募されると転職支援金が出ますよ!ということをアピールしているところもあります。各社のサイトはそうした点で自サイトから転職してもらうことを目的にアピールしているわけですが、必ずしもそうしなければいけない義務があるわけではありませんので、あくまでも転職される方の好きなようにして良いのです。

看護師 求人 埼玉

2015.02.26| Comments (0) | Trackbacks (0)

読書する女性は年収高い

 男女関わらないかもしれませんが、読書してる人は年収が高いとよく言われてますね。とある年収の高いハイキャリア女性方へのアンケートによると、月に読む本の冊数はだいたい平均して4.2冊だといいます。日本の成人の読書量はだいたい月1冊程度だと言われていますので、やはりキャリアアップをされてきた年収の高い女性というのは総じて読書量が常人よりもずっと高いという結果になりますね。やはり読書というのは人が新しい知識を得るためにとても大事な窓口の1つと言えそうです。キャリア女性がよく読む本のジャンルとしては小説というのが最も多いようです。

次に多いのがビジネス本、ファッション・趣味本…などと続くようですね。ファッションや趣味などの本は文字がメインではありませんから、読むというよりはパラパラ見るという印象で、対して読書時間はとられないと思いますが、世間では一応読書扱いとされるようですね。小説は筆者もよく読みます。小説はいろいろな作者の世界観を体感することができ、また想像力も磨かれていきますので人の能力にプラスの影響を与えられるように思います。

看護師 悩み

2015.02.22| Comments (0) | Trackbacks (0)

仕事のストレスの発散方法は人それぞれ

 仕事のストレスはどんな業種・お仕事でも溜まってくるものだと思います。あまり溜まってこないとすれば、人と関わらない仕事くらいでしょう。例えば特定のクリエイティブ職だとかですか…。それもたまにはクライアントと打ち合わせたりするので、人とは関わらなければなりませんし、ずっと机に座って缶詰状態になるのもまたストレスになるでしょう…。結局ストレスのたまらない仕事などはどこにもないんでしょうね。そんな私達の社会で必須となるストレスとのつきあいかたですが、うまく日常で発散していかないと、溜めるクセをつけてしまうといずれは何らかの時に爆発することになるでしょう。そんなことにならないためにも、うまいストレスの発散方法を自ら見つける必要があるわけですね。例えば、女性の多くは甘いスイーツが大好きだと思います。そういったスイーツを週に1回だけ自分へのご褒美として買って帰るという女性も多いのではないでしょうか。糖分は脳に最も必要なエネルギー源でもありますので、そういったスイーツを自分へのご褒美とすることで、脳に良い影響を与えられると考えれば、良いストレス発散法とも言ってよいかと思います。

看護師 転職 東京

2015.02.22| Comments (0) | Trackbacks (0)