辞めどきに違い有り

 転職や会社を辞めて新しいことを始めようとしたりするときには、その時勤めてる会社をいつ辞めるかということにかなり神経を使うもの。辞めどきは慎重に決めないと損したりもつれが起こったりしてしまいかねないですからね。損というのは、主にはボーナスに関することになります。多くの会社は年に2~3回程度ボーナスを支給してくれるものですが、その支給条件には多少違いがある場合があるようです。

そのボーナスの算定期間おける勤務成績や勤務状況などに対して支給額が決定されるもの。算定期間にさえ勤務していればボーナスはもらえるものというのが一般的な考えかと思います。ところが会社によっては支給日に在籍していることを条件として規約に定めているところもあるようなのですね。そういった会社をボーナスを手堅く掴んで辞めるためには、ボーナスの支給日までは会社にいる必要がありますので、よく会社の規約などを読んでおく必要がありますね。せっかく今までの頑張りに対する支給なのですから、もらえるものはもらっておかないと損ですからね。そうしたことも踏まえ、辞めどきは慎重に考えたいものです。

働きやすい病院 千葉

2014.08.24| Comments (0) | Trackbacks (0)

飲食業界への転職に際して

近年、飲食業界は成長が著しい会社もたくさんあります。そんな飲食業界への転職を希望する人間が職場選びに際して重視するのはどんな点かを調べたところ、多くの方は経営者やスタッフの人柄を最重視する傾向があるようです。次にお給与、仕事内容…と続いていくようです。やはり接客業である以上、お客と接する際にストレスはどうしても溜まっていくものなので、職場の環境自体からストレスを感じないように人間関係を重視する人が多いように思いますね。

どんな職場でも気持ちよく働きたい!と思うものですが、それにはまず仕事仲間の人間性が大切になってくるというわけですね。例えば人としてのモラルを無視して好き放題うわさ話を職場でしている連中…とくに中年のおばさんなどが接客業であれば横行している職場は多いと思えます。そういった人のうわさ話をあーだこーだと叩いているおばさんなどがそういった職場のストレスにおいて1つの大きな原因と言えるのではないかと思いますね。また、お給与の良さも当然ドコの職場でも欠かせない条件だといえるでしょう。

大阪 看護師 人気

2014.07.06| Comments (0) | Trackbacks (0)

会社選びはお給与か居心地か

現職を転職するか否か…悩みどころのケースの1つとして、お給与か居心地かどちらを優先するかを悩むケースもよく聞きます。現状の会社はお給与には十分満足できているが、仕事ややりたくない仕事だし人間関係も良いわけではない…という場合や、逆に仕事はやりたかった仕事だし人間関係も良好な仕事だけど、お給与がかなり低いので悩んでいるという場合です。そういった場合にはやはり転職か否かを考えるものだと思います。どちらを優先して職場を決めるかという点ですね。しかし、私個人の考えとしてはやはりそのどちらも満足いかない状態であるかぎり、転職を考えても良いと思います。やはりどちらも結局は外せない条件だと思いますからね。居心地が悪い職場ならば、長く勤めていると精神的に良くないことは確実で、そのうちうつなどにかからないとも限りません。一方でお給与に満足行かない状態というのもこれ又この資本主義社会においては見過ごせない状況と言えると思います。将来や老後のためには少しでも貯金をしておきたいとかんがえるのはごく普通のことですから、せめて自分の最低限貯金できる額のお給与をもらえていないのが現状であるならば、充分に転職に踏み切る判断として、間違っていないと思えますね。

東京 看護師 高収入

2014.07.06| Comments (0) | Trackbacks (0)

転職で実現すべきこと

転職はお給与アップやスキルアップでする場合もあれば、現職のお仕事の不満をなくすためにする場合もありますね。また、それら目的の裏には更なる願望…実現したいこともある場合があります。今までの職場ではそれが実現できなかったということの原因としてはやはり就職活動自体焦ってしまい、会社の中身をよく見て入ることができなかったというものや、とにかく正社員になりたかった…という考えもあるようです。それらを優先するあまり、自分が本当にやりたかったことや入りたかった会社の条件をなおざりにせざるをえなかったという人もたくさんいるというわけですね。

やはり、第一志望だけを受けるわけにはいきませんからね。時間がなによりもったいないわけで。そうした感じでは当然内定が出た会社のなかでとりあえず入ってみたい会社を選択して入社するという人が大抵の場合だと思います。やはり現実は厳しいわけで、とにかく入社して収入を得られるようになることが第一に大事になってくるというわけですね。あるいは実力をつけることを最優先してとにかく入れるところに入ることが大事という考え方かもしれません。

埼玉 看護師 働きやすい病院

2014.07.06| Comments (0) | Trackbacks (0)

面接にカジュアルな服装で行く

最近では業界にもよるんでしょうが、転職時の面接にはカジュアルな服装でお越しください!という企業が多いといいます。しかし、一口にカジュアルと言ってもどんな服装で行けばよいのか悩みどころだという人も少なく無いと思います。普段着でも問題はないのか…あるいはファッションを見られるのでファッションセンスには注意して置かなければならないのかなど考えものですね。

しかしながら、カジュアルというのは特に格式無くくつろいでいる様子を言い表したものだといいますので、そこまでファッションを気にする必要はないとされています。当然ですが、シャツ一枚であったりなどだらし無い服装はいくらなんでも論外ですね。最低限ボタンの付いたポロシャツに軽い感じのジャケットなどを上に着ていくのが無難だといえるでしょうね。普段着慣れないような服装であることがほとんどであるとおもいますから、普段からちょっとでも着慣れしておくと良いようですね。そんな風にしておくと当日の余計な緊張感も減らすことができるようですからね。

東京 看護師 人気

2014.07.05| Comments (0) | Trackbacks (0)